山口県宇部市内は公共機関が整っていないので、ほとんどのママが車の所有率は90パーセント以上です。
そのため、子育て中のママは、結構、広範囲で未就園児のお子ちゃまたちと、子育てサークルや習い事に出かけられるので、毎日、我が子と二人きりでいくところがないということは少ないと思います。
今日はとあるママの代表的な一週間の育児スタイルをご紹介しながら、市内のサークルや子育て支援情報をお届けいたします。

スポンサードリンク

宇部市のサークルや子育て支援情報

月:AM 9時30分~

宇部市子育てサークル(総合福祉会館 3階 子育てサークル活動ルーム) で、お茶会[お茶、お菓子などをもって、みんなで楽しくおはなししよう)

火:AM10時30分~13時

ラボ・パーティ英語教室 親子で英語で遊ぼうクラスに参加、講師の先生のお宅でゆっくり、絵本を読んでもらったり、英語の歌で遊びました。

終わったら、いつも、リビングで持参のお弁当ランチを楽しみ、こどもたちを遊ばせながら、ママたちはおしゃべりしながら、楽しくランチタイム。
長い時は14時頃までおしゃべりに花がさくこともあります。

水:AM11時~12時

宇部市すくすくネットワーク (宇部市常盤町2丁目1-28常盤町ビル2階A室)にて、栄養士さんに色々、毎日の離乳食や食事について質問をしました。
午後は、そのまま、宇部の小さな百貨店、井筒屋のうまいもの市へ。
今晩の食後のデザート、トップスのチョコレートケーキを購入。

木:AM10時30分~13時

ラボ・パーティの先生が開かれている、親子絵本サークルに参加。
英語と日本語の絵本の読み聞かせやマザーグースの手遊びで親子でスキンシップをしながら楽しく過ごしました。
新しいお友達に出会って、お互いの情報交換などもできて、アットホームな空間で楽しく過ごせました。
絵本で子育ての大切さを実感。
終わったら、講師の先生のいれたハーブティーや、簡単ヘルシークッキーなどもいただけます。
(一回600円) 

場所:宇部市西岐波2189-313 後岡の辻  講師:梶山れいこ先生

金:AM10時~11時30分

宇部市大学院子育て支援センター:今日はお友だちと、宇部市の保育園で開かれている子育て支援センターの親子ふれあい活動に参加しました。
3歳からの職場復帰に向けて、保育園選び中の情報交換も盛んです。
ここは、しっかりと集団生活を指導され、給食もおいしいと定評のある、厳格な園長先生がいらっしゃることで有名な、宇部市でも歴史ある保育園です。
卒業生たちの学童も併設されていて、卒業後も安心の保育園。
親にもビシッと育児の指導をされ、子どもたちものびのびというよりは、お行儀よくとモットーに、厳しめなので、我が家の方針とちがうという方は、よく考えられて入られた方がいいと思います。

以上、私の一週間でした。
土日は、北九州や福岡、下関など、ショッピングをかねて、遠出の予定。
宇部市には、大きなショッピングセンターなどがないので、若いパパ・ママたちは、遠出される方が多いですよ。

日本通運の評判や料金ってどうなの?利用者の本音を聞いてみた!!

Facebooktwittergoogle_plus