人気のグルメスポット

先日大震災の被災地でもある、宮城県亘理郡亘理にある山元町ふれあい産業祭に行ってきたのです。
ちょうど海に近いところなので、有名なはらこ飯のシーズンでもありたくさんの人でにぎわっているようです。
山元町は苺の原産地として仙台いちごという人気のいちごが、とれるところなのでそちらも楽しみです。

スポンサードリンク

ふれあい産業祭が大盛況

どんなお祭りなのかあまり知らないで、そんなに規模も期待していなかったのですが、行ってみると、車も大混雑で駐車場もない状態で驚いてしまいます。
サイトの方もあまり大きく載っていなかったのですが、こんなに人が集まっていることにちょっと嬉しくなり、お祭りも楽しみになってきます。
ですが、混雑しすぎて目的の美味しいものは、行列でいっぱいになっており逆にちょっと残念です。

とりあえず食べたお食事

あまりの行列で、期待していた食事はできなかったのですが、出店がたくさんありいろんな地方から集まっているB級グルメのようなものが売っています。
人気のあるグルメはほとんど売り切れで、やっとまだ売っているお店で食事をすることになってしまいましたが、ピタに卵と鶏肉をはさんだようなものとコーラがサービスでついていて美味しかったのでよかったです。

美味しい苺の町のイベント

山元町ふれあい産業祭でいろいろな、イベントをゆっくりみて食事も美味しくいただいてとても楽しかったです。
マグロの解体が生で見れて、試食もできるという告知だったのですが、かなりの行列でちょっと無理。
でも他にも音楽イベントなども行われていてにぎやかな雰囲気があるお祭りです。

混雑の中でも楽しいイベント

なかなか人ごみで見れないところもあったのですが、みんな楽しんでいてお子様などもたくさん遊んでいるのを見ると心癒されます。
地元の中学生がボランティアで、案内をしてくれていてとても温かい町の様子もいい感じです。
被災によってかなり犠牲になってしまったところなのですが、地元の皆さんや遠いところからも支援で駆けつけてくれたお店など、本当に心温まるイベントに参加できてよかったです。

帰りは温泉でゆったり

楽しみにしていた苺をゲットして、帰りは以前も行ったことのある鳥の海温泉です。
こちらも楽しみにしていたのですが、やはりちょっと混んでいてにぎやかです。
その温泉から見える海の水平線を、楽しみながらゆっくり体を癒してとてもくつろげた1日を過ごせてよかったです。

Facebooktwittergoogle_plus