トランクルームはどんなサービスなの?

長年経つと部屋中に物が溜まり、収納し切れないということはありませんか。
アパートやマンションなど集合住宅では特に収納場所に困ることがありました。
そんな収納し切れない物がある時に便利なのがトランクルームと呼ばれるサービスです。

トランクルームにはどんなメリットがあるの?

ストーブは冬だけ、扇風機は夏だけと物によっては季節限定の場合がありますよね。
使わない季節はトランクルームに預けておき、使う季節になったらトランクルームから出せば良いのです。
スキーやスノーボード、釣り具、登山用具など趣味の物もトランクルームに預けておき、必要な時に出すといった使い方も可能です。

トランクルームに防災グッズを預けておけば地震や火事、洪水などで住まいに被害が出た時でも使えるようになります。
防災グッズまで被害に合うと役に立たなくなりますが、トランクルームに被害が無い限り大丈夫です。

最近では引越し時の荷物預かりにも利用される方が増えてきました。
引越しするため荷物を梱包したいけど部屋中にダンボールがあるのでは困るという時に便利です。
トランクルームに預けた荷物が必要になった時は取りに行く手間がかかりますので、使わない物だけをダンボールに梱包し、トランクルームに一時預かりして貰いましょう。

単身赴任で一人暮らし用の賃貸に引越しする時にもトランクルームは便利です。
トランクルームを提供している事業者の中には引越し業者も含まれており、引越しと荷物預かりと別の事業者に依頼する手間がかかりません。
短期的な利用は勿論のこと、長期的な利用もできるのが良いところですね。

トランクルームの料金は幾らかかるの

トランクルームを利用する時に気になるのが利用料金ではないでしょうか。
あまり高すぎるのでは困ってしまいますが、事業者によって利用料金が異なるため分かり難いことがありました。
広さやサイズにもよりますが1か月当たりの利用料金は2,000円から数万円ほどが多くなっています。

その他にもトランクルームでは初期費用が発生することが多いのです。
月額利用料金の数か月分かかることがあるため、事前に調べたほうが良いでしょう。
特に長期的に利用する場合は利用料金の負担が増していきますので、トランクルームの選び方が重要です。

トランクルームにはいろいろなタイプがある

トランクルームと一言でいってもいろいろなタイプがあり、タイプによって利用料金が異なります。
トランクルームは大まかに屋内型と屋外型とに分かれます。

このうち屋内型は保管環境が整っている代わりに利用料金が高くなる傾向があるのです。
屋外型は屋内型と比べると保管環境が良くありませんが、その代わりに利用料金が安い傾向があります。
保管環境を気にしない物を預かって欲しい時は屋外型トランクルームを選ぶと良いでしょう。

建物の1階にあるトランクルームより2階以上にあるトランクルームのほうが利用料金が安くなります。
その代わりに出し入れ作業が大変になるため、比較的小さい物、軽い物、あまり使わない物を預けたほうが良いでしょう。
2階以上でもエレベーターがあれば出し入れが楽になるため、エレベーターがあるかどうか確認してみて下さい。

駅前にあるトランクルームより郊外にあるトランクルームのほうが利用料金が安い傾向があります。
特に困らない場合は郊外のトランクルームを利用すると良いでしょう。
ただし郊外の場合はクルマが無いと利用するのが難しくなります。

利用料金の他にも重視したいのが事業者の信頼性や管理体制です。
特に大切な物を預かって貰う時は注意したいところですが、そんな時は国土交通相による認定マークが付いたトランクルームを選ぶと良いでしょう。
高い信頼性や管理体制を持っており、大切な物でも安心して預けられますよ。

Facebooktwittergoogle_plus