引越し先のご近所さんへの挨拶回り

引越し先で必要になるのがご近所さんへの挨拶回りです。
引越し時の搬入作業などでは大きな音がすることがありました。
事前に挨拶回りを行っておいた方が、その後の近所付き合いがスムーズです。

スポンサードリンク

引越し時の粗品相場はどの位なの?

そんな挨拶回りに必要なのが粗品です。
しかしどんな粗品が良いのか迷うと言う方は多いのではないでしょうか。

引越し時の挨拶回りの場合、500円から1,000円ほどの粗品が相場と言われています。
ご近所さんは500円から1,000円ほどの粗品なら、貰ってもお返しする必要はありません。
お中元やお歳暮とは違うため、粗品の相場は安くなっています。

どんな粗品を選んだら良いの?

お中元やお歳暮はお世話になった人に贈るものですよね。
知っている人に贈るものだから、喜ばれそうな品物が分かりやすいです。
しかし引越し先のご近所さんは知らない方ばかり、何を選んだら良いのか分からないことがありました。

そんな時はどの家庭でも使えるような品物を選ぶと失敗し難いです。
石鹸、台所用洗剤、フェイスタオルなどは引越し時の挨拶回りの定番となっています。

コーヒーやお菓子、ドレッシングなどはご近所さんの好みに左右されることがあります。
好みによっては使われずに終わってしまう可能性があるために注意が必要です。

粗品にはのしを付けた方が良いの?

粗品をお渡しする時に気になるのが、のしを付けた方が良いのかです。
のしには紅白蝶結び、結び切りと大まかに分けて2種類の結び方があります。

このうちお中元やお歳暮などに用いられているのが紅白蝶結びです。
相場は異なりますが、のしはお中元やお歳暮と一緒で構いません。
引越し先のご近所さんへお渡しする場合は御挨拶と書いておきます。
下には自分の名前を書いておいて下さい。

どこまで挨拶したら良いの?

引越し先で挨拶する時に気になるのが、どこまで挨拶したら良いのかです。
近所付き合いには向こう3軒、両隣りと言う言葉があります。
そのため引越し先での挨拶も向こう3軒、両隣りで行うと良いでしょう。

地域によっては自治会長や町内会長との付き合いもありますので、併せて挨拶を行っておきます。
分からない場合は向こう3軒、両隣りのご近所さんに挨拶した際、聞いておくと良いです。

アパートやマンションなど集合住宅の場合は上下階の住人の方にも挨拶した方が良いです。
管理人さんにも挨拶を行っておくと、入居後の対応が良くなることがあります。

Facebooktwittergoogle_plus