さいたま市は元々浦和市と大宮市と与野市と岩槻市が合併してできた政令指定都市です。
元浦和市には、JRの駅が、浦和駅を中心として東西南北それぞれの駅と、中浦和駅、武蔵浦和駅、与野駅というJRの駅があるという全国的にみてとても珍しい駅の構成地域なんです。

スポンサードリンク

中心となる浦和がやはり要の駅であり街です。

始発駅、南浦和駅

南浦和駅は京浜東北線の浦和駅のひとつ南寄り駅。
又東西に走る武蔵野線と交差するターミナル駅です。
元々あった京浜東北線の駅の上に、その後できた武蔵野線のホームを造ったという流れでできた駅なので、乗り換えするのはちょっと面倒臭いです。
ターミナル駅というのに、駅周辺部は昔から大きな変化がなく、商業施設は少ないので、埼玉県内の京浜東北線の駅の中で最も不便な駅でもあります。

一方で、京浜東北線の北側終点駅である大宮駅の次に北側にある始発終点駅でもあるので、東京方面に行く場合はとても便利です。
急ぐのであれば大宮から来る京浜東北線に乗ればいいし、急がなくて好いのであれば南浦和始発の電車に座って行けます。
但し、朝の通勤時間帯はかなり前から乗降客が始発電車乗る為に並んでいますから、早めに行かないと座れません。
それでも、南浦和駅の利点は、京浜東北線の始発駅という点です。
東京方面の行き帰りには便利な駅です。
ちなみに、駅中に昔からある立ち食い蕎麦店は安くて美味しく遅くまで営業しています。

基本インフラの街、南浦和駅

元々浦和は文教都市といわれる住宅街。
繁華街は浦和駅西口の一部で、あとは圧倒的に住宅地が広がる落ち着いた街です。

南浦和駅は京浜東北線の歴史の中では後発駅で、その歴史的背景が今でも残っている街です。
武蔵野線がその後交差することになり乗り換え客は増えましたが、駅外に降りる街ではないという性格がそのままになっている感じがします。
基本的なインフラがあるだけで、悪く言うと他にこれと言ったものがありません。

例えば銀行ですが、東口側には埼玉りそな銀行と三菱東京UFJ銀行の南浦和支店、
西口にはみずほ銀行と武蔵野銀行の南浦和支店があるだけです。
又、スーパーですが、東口にはマルエツと少し歩いてスーパーみらべるとダイエー。
西口には丸広百貨店。
目立つ商業施設はこれだけです。

コンビニは首都圏郊外各地と同様に点在しています。
西口には市民の森があるので、基本的な事は区役所に行かないで済むので便利です。
という位に、最低限の生活インフラがあるだけで、無い物の方が多い街です。
逆に言えば、商業施設や繁華街が無いので、人出が少なく、静かで落ち着いていると言えます。

南浦和駅の競馬場

南浦和には市営競馬場があります。
東口から北東に歩いて約15分の大谷場にあります。
周囲は普通の住宅地の中にあります。
すごく素朴な競馬場で、パドックに入る馬の厩舎が道路を隔てた所にあるので、パドックに入る馬を道路から眺める事もできます。
開催日には南浦和駅東口近くの専用バス乗り場からシャトルバスが走っていますので、これに乗ると無料で競馬場まで行く事ができます。
競馬場に行かなくても、周辺住民は無料で乗れますから、開催日はバス乗り場から競馬場まで乗車して、そこから歩いて帰宅する事も可能です。
何しろ朝から晩まで一日中ひっきりなしに走っていますから、開催日はとても便利です。

こんな感じで、南浦和駅周辺というのは、京浜東北線の始発駅という至便性と、静かな環境の住宅地です。

アート引っ越しセンターの評判や料金ってどうなの?利用者はこう感じた!!