那覇市の古島駅は地理的に利便性が良い

沖縄県那覇市にある古島駅についてご紹介します。
一言でいえば、穴場の町(地域)でしょう。

古島駅は、「おもろまち駅」の隣であり、おもろまちから歩いても男性で12分ほど、女性で15分ほどで着いてしまいます。

スポンサードリンク

この古島駅までが、那覇市に位置しているため、住人にとっても便利な場所です。
那覇市のとなりの浦添市は、沖縄の地元の方が多く住み、住みやすい町です。
浦添市は那覇市よりも、家賃がやすいです。

比べて、那覇市は、沖縄の方は少なく、本土からの移住者の多い町です。
家賃も、浦添市やその他の沖縄の地域にくらべれば高くなりますが、本土や東京にくらべれば、スゴく安いです。

また、那覇市のおもろまち付近は、もと基地だった土地で、1987年(昭和62年)に、全面返還された土地です。
ですから、町並みも綺麗で、整っていて、道路も広いです。
建物もあたらしく、きれいなアパート、タワーマンションも多くあります。

比べて、浦添市は、道路がせまく、小さなアパートが中心となっています。

古島駅は、そのどちらも行き来できる駅です。

古島駅の治安について

「古島」周辺の治安は、おもろまちと近いということと、住宅街、小学校もあるということで治安はいいと思います。
米軍さん的な方は、2年いて、ほぼ見た事がありません。

古島周辺は、とても住みやすく、住宅地として人気の街です。
虫も少なく、沖縄として湿気も少ない方です。(本土よりは多いですよ)。
古島までは丘になっているらしく、この古島を超えてもうすこし下ってしまうと、湿気がたまる地域となってしまい、虫も多くなります。
(沖縄としては普通のレベルかもしれませんが)

その様な理由もあり、この「古島」地域は住み良いです。

古島駅周辺のお店について

さて、
古島駅をでると直ぐに、MAXプラスというお店が在ります。
ここには、雑貨、キッチン用品、2Fには、家具、ベッドなど、そろっています。
この地域には、ここしか家具やベッドなどの販売がありませんので、重宝します。

また、その向かいには、病院もあり、便利です。
神社もあり、年始には混み合っています。

古島駅をでて、MAXプラスと反対側へ進むと、すぐに大きな道路に突き当たります。
ここを左折して、坂をあがっていくと、「おもろまち駅」にたどり着きます。
那覇新都心ですね。

この道路沿いには、「24時間営業のMAXバリュー」、カラオケ屋さん、トンカツ屋さん、モスバーガー
大きな飲み屋など、飲食店がつらなります。
以前、回転寿しもありましたが、最近、つぶれてカラオケになりました。

おの大通り沿いにある、「チアーズ」というワインとチーズの専門店は小さいながらも
穴場です。店員さんにきけば、美味しいワインも教えてくれ、ベルギーなどのビールもそろっています。
また、このビルの最上階には、このチーズやさんが運営するレストランもあり、ランチは、1200円ほどで、チーズ食べ放題的なプランがあります。
夜も美味しく、おすすめです。

大通りをさらにすみきると、左手に紳士服、右手にカメラのキタムラ、そのむこうに「新都心公園」(大きな公園です)が見えてきます。
ここまでくればもう、新都心(おもろまち)地域となります。
その十字路を左折して、すすみ、ファミマがあるのですが、その向かいにあるレストランが穴場でおすすめです。

イタリア料理ですが、こじんまりとして、大変美味しいです。1Fがうどん屋の2Fにあります。

ちなみに、古島駅をでて、徒歩8分ほどに、美味しいパン屋さんがあります。
「パリのパン屋さん」という名前です。
MAXバリューのある大通りを超えて、住宅街に位置しています。

サカイ引越センターは本当におすすめ!?利用者の口コミと評判を今すぐチェック!

Facebooktwittergoogle_plus