新しい海の杜水族館

仙台市に新しくできた水族館に行ってきたのです。
松島水族館という宮城県では有名な水族館があったのですが、被災のため移動することになり、思い出のある人はみんな寂しかったのです。
新しい水族館の予定もなく、松島水族館をリニューアルする話は聞いていたのですが、今回の大震災で、まったく見通しの立たないところだったらしいです。

スポンサードリンク

地下鉄も作られた宮城県の復興

だいぶ前から地下鉄もできるというエリアがあり、動物園や遊園地、観光スポットなども気軽に回れることになっていたのですが、そのエリアに水族館も建てようと考えたようです。
しかしだいぶ混雑があるらしく、すぐに行ってみたかったのですが、少し様子をみていくことにしていたのです。地下鉄も開通するとものすごいことになるので、その間くらいに行くことになったのです。

きれいな海の杜水族館

雨も降っていてあまり混雑していないと思っていたのですが、やはり駐車場は臨時の場所に案内され、なんとなく混んでいる様子が見えてきてちょっと不安になります。
入口は広くてとても綺麗な建物で、外見的にちょっと小さい気がします。
受付などはあまり混んでいないので、スムーズに入ることができてよかったです。

以前の水族館との違い

海の杜水族館の前にあった松島水族館は、観光スポットとしても世界的なところで、自分にとってはなじみ深いところなのです。
大震災でほとんどの生物が、亡くなってしまったという話を聞いて本当に悲しかったです。
ずっと大好きだった水族館が、全滅してしまいその後に行ってみたのですが、やはりなんとなく寂しい感じがして、新しくするのも少し残念です。

新しくできた水族館

内容的にも新しい水族館は、何か物足りない気がしましたが、見たことのないような大きな水槽や松島名物だったマンボウも見れて、少し楽しくなってきたのです。
いろんな地方の方や世界から応援されてできた復興した水族館をみて、松島水族館がなくなってしまった悲しみも吹き飛ぶように、新しい海の生物たちに魅了されて安心感も出てきて一生懸命いろんな生物を観察できたのです。

夢中になった海の杜水族館の生物たち

今までの寂しさも忘れて、水族館を見学してやはり混雑はしていたけれど、それなりに楽しめてよかったです。可愛いお魚など写真を撮ったり、海女さんに写る不思議な撮影所があったり、本当にうれしい気持ちになれます。
まだまだ見た生物はたくさんいて、笑顔があふれるような水族館が復興してくれて本当に最高気分です。

v

Facebooktwittergoogle_plus