引っ越しする時には区役所で手続きが必要

引っ越しする時に必要なのが区役所での手続きですが、市内と市外で違うのをご存知ですか?
事前に手続き方法を知っておいた方がスムーズです。

スポンサードリンク

市内から市内への引っ越し

市内から市外への引っ越しでは区役所に転居届を提出することが必要です。
この時注意したいのが、引っ越し日から14日以内と言う決まりがあると言う点です。
引っ越し前に手続き出来ないために注意して下さい。

届出期間が過ぎると区役所は簡易裁判所に通知を行います。
悪質なケースと簡易裁判所に判断されると過料が発生することがあります。
引っ越し時は何かと忙しくなりますが、忘れずに手続きして下さい。
運転免許証、マイナンバーカード、写真付住基カードなど本人確認書類が必要です。

国民健康保険、小中学校、印鑑登録、介護保険など、他にも引っ越し時に必要な手続きがあります。
一緒に手続きを行っておくと良いでしょう。

市外への引っ越し

市外へ引っ越しでは区役所に転出届を提出することが必要です。
転出届を提出すると転出証明書の発行が受けられます。
運転免許証など本人確認書類を持参して下さい。

この手続きは引っ越し前に行った方がスムーズです。
急な引っ越しなどで事前に出来ない場合は引っ越し日から14日以内に行って下さい。
届出期間を過ぎると過料が発生する恐れがあります。
転出届を提出した後に引っ越し中止となった場合は、転出中止の申し出を行うことが必要です。

転出届を提出した後は引っ越し先の区役所でも手続きが必要です。
発行して貰った転出証明書と本人確認書類を持参し、転入届を行って下さい。
引っ越し時のバタバタで転出証明書を紛失しまった時は、前住所地の区役所で再発行して貰って下さい。

転入届も引っ越し日から14日以内と言う届出期間があり、過ぎると過料が発生する可能性があります。
なるべく早めに手続きしたいところですが、届出期間を過ぎても手続きは行って下さい。

代理人でも手続きが出来る

転出届、転入届ともに代理人が手続きすることも可能です。
平日しか受付してくれないと言う区役所が多いため、仕事があると手続きが難しいことがあります。
そんな時でも代理人になってくれる人が居れば大丈夫です。

代理人に依頼する時は委任状が必要です。
区役所のホームページにて委任状のダウンロードが出来ますのでプリントアウトし、必要事項に記入して下さい。
窓口に来る代理人の運転免許証などの本人確認書類が必要です。

Facebooktwittergoogle_plus