岩手県にある花巻の概要

花巻市のあらまし

岩手県花巻市は岩手県の中南部に位置する、人口約10万人の街です。
宮沢賢治の故郷、温泉の街として知られ、県内外より多くの観光客が訪れます。
他にも、わんこそばや花巻まつりなど名物や見どころの多い街です。

スポンサードリンク

市街の現状

花巻は城下町として、現在のJR花巻駅の東側を中心に栄えてきましたが、近年は街の空洞化が進んでいます。
このため、街の商業機能や住宅地は、駅の西側をはじめとする郊外へ移行している感があります。
街の中心部が衰退していくのは寂しい限りですが、時代の流れには逆らえないのかもしれません。

駅の東側

古くから花巻の中心街として栄えてきた駅の東側には、市役所などの主要施設や商店街があります。
城下町ゆえに坂が多く少々歩きにくいですが、電線地中化されている通りが多く、街並みはスッキリとしています。
ただ、近年は空洞化が進み、かつて花巻一の繁華街だった上町商店街も、今ではシャッター通りと化しています。
それでも、秋に開催される花巻まつりでは、メイン会場として毎年多くの市民、観光客で賑わいをみせています。

駅の西側

かつては田園地帯だった駅の西側は、今では住宅や商業施設が数多く立ち並ぶようになりました。
道路は平坦で交通の便もよく、近くには小学校や中学校もあり、歩道もきちんと整備されています。
駅周辺を中心にコンビニ、スーパーなども点在し、静かで住みやすい環境です。
集合、1戸建てのアパートなども数多く、年々この地域に住む人たちが増えてきています。

治安や物価

治安は良く、事件だのトラブルだのはめったに耳にしません。
スーパー、コンビニなどの価格は、よそとそれほど違いはありませんが、食堂などは割と安い印象です。
例えばラーメンが300円台というお店も、珍しくありません。

花巻市の交通手段について

自動車

電車の路線、本数も少ないため、日常的な交通手段としてはやはり自家用車がメインとなります。
国道以外の交通量はそれほど多くなく、盛岡あたりと比べても、車の運転はしやすく快適です。
高速道路は花巻、花巻南の2つのインターにより、市内へのアクセスもしやすいです。

電車(在来線)

東北本線は朝夕は20分に1本、他の時間帯は30分~1時間に1本程度の割合で電車が走っています。
釜石線は1時間に1本程度なので、こちらはもうちょっと本数が欲しいところです。
沿線沿いであれば通勤、通学にさほど支障はありませんが、それ以外の地域では、やはり車が必要になります。

新幹線

新幹線が停車する「新花巻駅」はJR花巻駅から東に約5kmほどの郊外にあります。
JR花巻駅とは、釜石線、バス、タクシーなどで結ばれていますが、市の中心部から遠く、不便な面は否めません。
ただ、無料の駐車場があるので、駅まで車で来て止めっ放しで旅行や出張へ行く、といったことが可能です。

飛行機

岩手県唯一の空港「花巻空港」があり、岩手の空の玄関口となっています。
大阪便、名古屋便、福岡便、札幌便など、JALの定期便が運航されています。
ローカル空港ゆえに便数が少ないのが難点ですが、それでも九州あたりまで2時間足らずで行けるのは魅力です。

花巻市の人気、おすすめのお店

マルカン

花巻といえばなんといっても「マルカンデパート」です。
閑散とする上町商店街で孤軍奮闘している、地元の小さな老舗デパートです。
昭和の香り漂う大食堂が人気の理由で、訪れる人のほとんどが食堂目当てという珍しいデパートです。
ワンフロアぶち抜きの食堂は座席数560席、メニューは200種類以上。
初めて訪れてもなぜか懐かしい大食堂です。
人気は10段巻きの特大ソフトクリーム、お値段なんと170円!(ちょっと前まで140円でした…)
テレビでも度々紹介され、今や花巻の観光スポットとして外せない存在となっています。

だあすこ

正式には「母ちゃんハウスだあすこ」という、JA花巻が運営する産直でJA花巻の敷地内にあります。
「だあすこ」というのは、郷土芸能「鹿踊り」の太鼓を叩く音を表し、宮沢賢治が童話中で使ったオノマトペです。
ここには毎朝、農家のみなさんが作った新鮮な農作物やお菓子などが所狭しと並べられます。
野菜は特に人気で、午後には売り切れていることもしばしばです。
また、パン屋さん、食堂なども併設されているので、お腹が空いたときなども便利です。

アート引っ越しセンターの評判や料金ってどうなの?利用者はこう感じた!!

Facebooktwittergoogle_plus