福山駅の治安は落ち着いています

広島県福山市は人口約48万人の大規模な地方都市です。
その中心、福山駅はJR西日本の山陽新幹線、山陽本線、福塩線が乗り入れる便利な駅です。

スポンサードリンク

駅構内に新設された観光案内所では、福山市の観光名所である「鞆の浦」や、地域イベントの情報を詳しく教えてくれます。

駅の中にはショッピングモール「さんすて」が入っていて、レストラン街ではたくさんの店舗のおすすめ料理が楽しめますが、中でも蕎麦屋の「大市」は一番古くからあり、ざるそばが美味しいので、昔馴染みのお客さんも多くいます。

駅の南口を出るとすぐバスステーションがあり、郊外の住宅地や病院へ行けます。
福山駅周辺には大きな病院が無いので、バスで行かなくてはなりません。
バスステーションの案内板にバスの路線と発車時刻が分かりやすく表示されますから、確認しやすいです。

駅周辺はマンションが多く、たくさん人が住んでいるので、コンビニやスーパーなどが充実しています。
生活に使うお店が多いので、夜間も営業している飲食店や街灯が少なく、夜は暗くなります。
暗いので不安を感じる方もいますが、大きな事件は起きていません。

福山駅のコンビニやスーパーなど店舗が充実しています

福山駅の中に「さんすて」というショッピングモールが入っていて、食事や買い物ができます。
美味しいおかずを並べたお店や、センスの良い服や小物の店が揃っているので、見て通るだけでも楽しいですよ。

駅の南口を出るとすぐ大きめのセブンイレブンがあり、おにぎりやパン、お弁当、雑誌などの品ぞろえが充実しています。
駅の北口を出て東に100mほど行くとファミリーマートがあります。

また、スーパー、DIYショップなどもあり、駅の南口を出て南へ100mほど行ったところにあるスーパー「フレスタ」では、会社帰りの方や1~2人家族向けのお弁当やおかず、パンに力を入れていて、少しずつたくさんの種類の惣菜が買えます。

DIYショップは、南口から西に200mほど進んだところにある「RIMふくやま」のビルの中にあります。
「ナフコ」というチェーンDIYショップなのですが、RIMふくやまの中のナフコは、DIYグッズだけでなく、オリジナルの落ち着いたデザインの食器や家具を置いているお店です。
そして、同じRIMふくやまの中に「Mr.Max」というスーパーが入っていて、食材だけでなく日常使う洋服や文房具なども売っています。
日頃の生活用品と食料品だけなら、ここだけで買い物がすませられます。

駅の南側にあるデパート「天満屋」は、福山市内唯一のデパートです。
福山市民は値が張る良い品物が欲しいときやプレゼントを買うときに、天満屋へ行きます。

天満屋から道路を挟んで西側には、「アイネスふくやま」というテナントビルがあり、セレクトショップ「PARIGOT」が入っています。
PARIGOTは尾道が本店ですが、東京の銀座にも出店しているセンスの良いお店です。
値段も手ごろで買いやすいですよ。

福山駅周辺の観光スポット

福山駅の北側に「福山城」があります。
福山城は山陽新幹線のホームや新幹線車内からも見え、桜の時期には多くの人でにぎわいます。

大昔から、福山は陸の山陽道と瀬戸内海の海路の両方が通る、交通の便利な街でした。
だから、江戸幕府の徳川家康は、交通の見張りのために、福山を従弟の水野勝成に治めさせました。
福山城は天守閣を大きく構えた名城ですが、江戸時代のお城は空襲で焼けてしまい、今のお城は戦後建て直したものです。
周囲の遺跡などに当時の面影が一部残っています。

福山城周辺は公園になっていて、美術館や歴史博物館、文学館があり、企画展も催されています。
また、福山城内の博物館でも刀剣や鎧などの企画展があり、歴史好きが多く訪れています。
福山城公園にある武道館、テニスコートなど市民のスポーツ活動に使われています。

そして、福山城の北側にある三蔵稲荷神社は、江戸時代の参勤交代で殿様の護衛を勤めた三蔵狐を祀る交通安全の神社です。
道路を挟んで北側に、護国神社、更に北へ福山の総鎮守である福山八幡宮があり、毎年、初詣にはこの三社にお参りする人たちでにぎわいます。

日本通運の評判や料金ってどうなの?利用者の本音を聞いてみた!!

Facebooktwittergoogle_plus