引っ越しの手順は業者探しからスタート

引っ越しが決まった時は手順を把握しておいた方がスムーズです。
まずは引っ越し業者探しからスタートします。

スポンサードリンク

最近ではインターネットで検索出来る時代となりました。
一括見積もりサイトもあり、安い引っ越し業者を探したいと言う時にも便利です。
引っ越し業者が決まったら依頼して下さい。

荷造りはなるべく自分で

引っ越し業者に依頼する時に気になるのが料金ですよね。
荷造りは業者にお任せすることは可能です。
しかしなるべく自分で行って料金を節約したいところです。

梱包資材はホームセンターなどで安く販売されています。
使わない物から荷造りを始めて下さい。

不用品は処分しておく

不用な荷物を引っ越し先まで運んで貰うと余計な料金が掛かってしまいます。
そのため行政または不用品回収業者を利用し、不用品を処分しておいて下さい。

引っ越し2週間前までに行いたい手続き

引っ越しでは様々な手続きが必要です。
そのうち引っ越し2週間前に行っておきたいのが転校手続きです。

公立は役所、私立は学校の窓口で手続きが行えます。
一人暮らしの方は必要ありません。

引っ越し先の住所が違う市区町村の場合は固定電話の解約・移転手続きが必要です。
車を運転している方は運転免許証の住所変更が必要です。
その他にも車庫証明の住所変更、車の登録住所変更などの手続きも行って下さい。

引っ越し1週間前までに行いたい手続き

引っ越し1週間前に行いたい手続きはたくさんあります。
役所での転出手続き、国民健康保険の手続き、印鑑登録の廃止・抹消手続き、電気やガスや水道の手続きは特に重要です。
その他にもインターネットのプロバイダ、携帯電話、NHK、衛星放送、新聞なども手続きすることが必要です。
銀行口座やクレジットカードを持っている方は登録住所の変更手続きが必要です。

引っ越し前日までに行いたい作業

引っ越し前日までに旧居の近隣の方に挨拶を行っておきます。
挨拶状を送付する場合は引っ越しの1か月以内に行って下さい。
年末が近い場合は年賀状で引っ越しをお伝えしても構いません。

旧居が汚れている場合は清掃が必要です。
ハウスクリーニング業者に依頼すると言う方法もあります。

冷蔵庫は中身を取り出しておき、電源を切っておきます。
洗濯機は中の水を抜いておいて下さい。

郵便物は郵便局にて転居届けを出しておくと、無料で新居へ転送して貰えます。
ただし1年間と言う期限がありますので注意が必要です。

引っ越し当日までに行いたい作業

ギリギリまで必要だった品物を引っ越し前日までに梱包しておきます。
段ボールには番号を付けておくと後で分かりやすいです。

ガスの元栓や水道の蛇口を締めたかどうか確認して下さい。
電気のブレーカーも下げることが必要です。

新居の近隣の方に挨拶を行う場合は搬入作業が始まる前に行って下さい。
手土産品を予め準備しておくとスムーズです。
地域によっては引っ越しの挨拶を行わない場合もあります。
引っ越し先に知人が居れば聞いておくと良いです。

Facebooktwittergoogle_plus