日高市は660年~720年、朝鮮高句麗からの渡来人が移り住んで、高麗(こま)郡を置いた、歴史の流れを受け継いでいます。
2016年日高市は高麗郡建都1300年を記念した大イベントを後押ししています。
その渡来人の移住先が高萩地区でした。
武蔵高萩駅は中華民国との戦争下のきな臭い時期、昭和15年に開設されました。

近くに旧日本陸軍航空士官学校(現在の航空自衛隊入間基地)があり、その卒業式に昭和天皇が臨席した時この駅を利用しました。
現在は橋上駅舎にリニューアルされましたが、昭和天皇がこの武蔵高萩駅を利用した記念の展示コーナーが設けられています。
高萩地区は鎌倉時代の古戦場跡、杉並木で有名な日光街道など歴史の舞台と係わってきました。
日光街道は武蔵高萩駅北を通っており、今でも東西を連絡する交通の要です。
街道には色々な店が出店しており、交通量も多く渋滞頻度が多いので、バイパスが北に出来ました。

武蔵高萩駅の乗降客数は6,300人余(2013年)と日高市にある3駅(JR線高麗川駅・武蔵高萩駅;西武線高麗駅)の中で2番目です。
武蔵高萩駅は南口・北口の2方向があり、南口は県道日高川越線にアクセスでき古くからの街並みで、北口は後から開発され、区画も整理されています。
また埼玉県では名門ゴルフ場「日高カントリー」の玄関口で、徒歩15分の距離です。
1989年日高市が誘致した唯一の大学「埼玉女子短期大学(前身は狭山市にあった旧川口学園)」は、武蔵高萩駅から徒歩15分の距離です。
地域が高齢化する中、若い学生が駅・バスを利用して学び舎にいる姿は、華やいで活気が出ます。

1)日常の買い物:スーパーマーケット・コンビニエンスストア・ドラッグストア

南口徒歩4分にスーパー「エコス」高萩店、JAいるまの高萩店;北口徒歩20分のところに「ベイシア」ひだかモール店・(株)「みどりや」スーパー&酒店があります。
南口徒歩15分の中、日高バイパス沿い・県道15号線沿いに「セブンイレブン」が2店舗あります。
北口には徒歩15分の中に、「ファミリーマート・ミニストップ・セブンイレブン」があります。
北口徒歩10分にドラッグストア「セキ」があります。

2)金融機関

駅から200m内の県道15号線沿いに埼玉りそな銀行・飯能信用金庫・JAいるま野(いずれも有人)があります。

3)レストラン・飲食店

南口:昔からの街並みに中にとんカツの「石亭」、割烹「まつキお魚処」が200m内に、変わったところでは名門ゴルフコース「日高カントリー倶楽部」のレストラン(予約した方がベターです)での食事も美味しく雰囲気抜群です。

北口:駅前にチェーン店の「魚民」が、旧県道407号線(鎌倉街道)日高団地方面に多くの地場の飲食店が並んでいます。
チェーン店の「ガスト」・「中華食堂日高屋」もこの街道沿線にあります。

Facebooktwittergoogle_plus