仙台市に2つ目の地下鉄ができた

12月6日に仙台市に東西線という2つ目の地下鉄が、開通しお祭りやイベントなどお祝いムードで町中が、にぎやかになったのです。
終点として話題になっている八木山動物園とベニーランドという遊園地へいく、路線として人気もあるようです。
通勤などでも便利になる地域の方には期待度抜群の東西線としてみんなが集って地下鉄開通を喜んでいます。

スポンサードリンク

東西線開通の日は大混雑が心配

その日は記念イベントとして、動物園と遊園地の入場料が無料になるということからたくさんの人が、集まると予想していましたが、定禅寺通りでは光のページェントの点灯式もあるので、ちょっと遅めに行ってみたのです。
どれほどの人が集まるのか心配でしたが、新しい地下鉄が、できることでとても嬉しい気持ちになれます。

新しい地下鉄に乗車

その時間帯は思ったより混雑はなく、スムーズに地下鉄に乗ることができましたが、それでもある程度乗る人がいたので、あまりゆったりとした感じはなかったです。
そして慌ただしい初めての東西線に乗ることができて楽しい気持ちになってきます。
今まで乗っていた南北線とあまり変わらない感じで、それほど驚くことはなかったのですが、なんとなくうきうきした気持ちになります。

新しい地下鉄に乗って

東西線に初めて乗って、ちょっと小さめで狭い感じがしたのですが、静かでとても乗り心地はよかったです。
ゆれるのも少なくて、立っていても苦痛もなくお客さんもマナーがとてもよくて気持ちよく乗ることができてよかったです。
駅員さんたちも一生懸命で、わかりやすくていい地下鉄ができたと思えるほどです。

目的地までの道のり

自分のところからはあまり近くはないので、普段使うことはあまりない路線ですが、やはり新しい地下鉄が、できるのは嬉しいですね。
地下鉄が外に出る時、見えた景色は鉄橋になっており自然がいっぱいで、ちょっとした紅葉も楽しめます。
その景色が見えた時たくさんの乗客していた人達が、写メなどを撮ってちょっと騒がしい感じになり、ますますうきうき気分になれます。

残念だった八木山動物園

一番の目的である動物園は、着いたときに閉園時間になっていて入れないのがとても残念です。
しょうがなく遊園地の方に、行って観覧車に乗って遊ぶことになりそれも楽しくて東西線地下鉄開通の思い出になりそうです。
ですが、動物園も遊園地もかなりの混雑で、ちょうど帰る人でいっぱいだったので、動物園は残念でしたが、時間をずらしたので巻き込まれることもなくちょっとほっとしたのです。

Facebooktwittergoogle_plus